遺跡の島へ(12)

軍艦島に近づきました。
確かに軍艦の形をしております。
※2014年5月下旬の様子です。8/24から再び入れるようになった模様です。
d0004301_21593654.jpg

こちらは立ち入れない区域。
d0004301_21594647.jpg

やっと接岸。
d0004301_21595969.jpg

まさに遺跡ですね。
d0004301_2201010.jpg

あちらに入れないのが残念。
d0004301_22020100.jpg

つづく。
[PR]

by mk-b2055 | 2014-08-28 22:04 | たび&ちょぃたび | Comments(0)

遺跡の島へ(11)

着いたのは高島港
こちらも有名な炭鉱だった島ですが、あまり観光化はしていないようです。
d0004301_950381.jpg

三菱創業者 岩崎弥太郎之像があります。
d0004301_9501940.jpg

で、この島に寄ったのは、軍艦島の資料館があるとのこと。
こちらが模型。
d0004301_9502921.jpg

こちらはそれを横から見た模型。
d0004301_9504038.jpg

実際に炭鉱内を走っていた人車と後ろにタンク車が置いてありました。
d0004301_9505114.jpg

船に戻って軍艦島へ
[PR]

by mk-b2055 | 2014-08-25 10:03 | たび&ちょぃたび | Comments(0)

遺跡の島へ(10)

※この旅の記録は2014年5月下旬に行ったものです。
現在、軍艦島は台風の被害により、立ち入りが規制されているとの情報がありますので、
お出かけの際は各ページにてご確認ください。

さて、長崎駅から徒歩10分ほど。ぎりぎりなんとかクルーズ船乗り場に到着しました。
あー船の名前を入れると某国民がごちゃごちゃ言いそうなので、省略。
d0004301_1844164.jpg

長崎港の奇抜な建物が並んでおります。
d0004301_1845435.jpg

港内制限がそろそろ切れたのでスピードが上がります。
d0004301_1853349.jpg

造船。
d0004301_1862225.jpg

これが財閥の力だといわんばかりの風景ですw
d0004301_1885668.jpg

島に上陸?
[PR]

by mk-b2055 | 2014-08-14 18:09 | たび&ちょぃたび | Comments(0)

遺跡の島へ(9)

0番線ホームに到着します。お出口左側です。
d0004301_20194033.jpg

九州に来るとどうしても車両の写真が増えます。
d0004301_20195277.jpg

増えます。
d0004301_2020054.jpg

駅構内に船が。御朱印船だそうです。
d0004301_20201248.jpg

駅近くのおいしいお店で、皿うどんをいただきます。
d0004301_20244349.jpg

あぁ、船の時間が。。
[PR]

by mk-b2055 | 2014-08-11 20:25 | たび&ちょぃたび | Comments(0)

遺跡の島へ(8)

さぁ、長崎に向けて出発です。
d0004301_1955395.jpg

対向列車と待ち合わせ。
d0004301_19555293.jpg

海沿いが終わったら、後半分は山登りです。
d0004301_1956431.jpg

元、スイッチバックの駅。
d0004301_19561693.jpg

単線同士の区間です。
d0004301_1956273.jpg

長崎駅構内に入りました。
d0004301_19564260.jpg

おなかがすきましたw
[PR]

by mk-b2055 | 2014-08-06 19:59 | たび&ちょぃたび | Comments(0)

遺跡の島へ(7)

タクシーで先回りした場所ですが、もうちょっと天気がよければよかったのですが。
d0004301_10114491.jpg

踏み切りの先は舟つき場。
d0004301_1012562.jpg

まだ、5月なので、水が張ってあるだけの田んぼ。
d0004301_1011556.jpg

そろそろ列車の時間なので東園駅に向います。
d0004301_10121434.jpg

つづく
[PR]

by mk-b2055 | 2014-08-03 10:17 | たび&ちょぃたび | Comments(0)