房総非電化三線の旅(4)

車で国吉の辺りを走っていると鉄道模型ジオラマオープンと書いてあるタテカンを発見。
まぁ、見に行ってみますか。「いってんべえ国吉」という施設らしいです(駅から徒歩5分?)。
レイアウトはこんな感じ。
d0004301_2234597.jpg

社長さんのコレクション?なんでしょうか。
d0004301_22341779.jpg

田舎によくある看板。階段には国鉄のポスターが。
d0004301_22342694.jpg

丁度ここに入ってきたときに、中がまっくらで、停電中のハプニング発生。お土産のレジも使えず・・・
電気ついた。まぁ、お茶でも飲んできなさいよ・・・と商工会のおばちゃんに。。
そのお茶は一昨年とれた杜仲茶で名産にしようとしたらしいのですが、あの件で、あれの濃度が・・・
もう、作れないんだとか。

その後、大多喜駅へ。
駅前の番屋というお店で「きのこごはん定食」を美味しくいただきましたが、写真は撮ってませんw
以前来たころには無かった施設がいろいろありそうで。観光地化してきました。まぁ、売り込まないといけませんね。
この駅舎の左横ではもなかを作っています。
d0004301_22343973.jpg

こちらが「いすみ鉄道もなか」。なかなか美味しいです。
d0004301_2238361.jpg

本多利勝の像は発砲スチロール製だとか。なにげなく、お賽銭箱には「キハ52運行基金」ちゃりんとしておきました。
d0004301_22345020.jpg

あれ、今日何度目なんだか。これから午後の運行待ちの模様。
d0004301_2235340.jpg

こちらは駅前の坂道を降りていった先にある「房総中央鉄道館」有料。一般200円?鉄道利用だと100円?
なかはこちらも鉄道模型と部品が中心です。
d0004301_22351344.jpg

つづく。
[PR]

by mk-b2055 | 2012-03-12 21:50 | たび&ちょぃたび | Comments(0)